大気と海のフロンティア

気象学の研究を行っている大学院生が様々な「フロンティア」に進むためのブログ

気象学会 in 福岡

10/28-31に福岡国際会議場で開催された気象学会2019年度秋季大会に参加しました.

Ando et al. 2015の続きの内容である,日本の気温の周辺の海水温との関係について発表しました.
気象学会でのポスター発表は3年ぶりでした.

この研究の新しい点は大規模な大気循環の影響を除去して統計的に周辺の海水温が日本の気温に与える影響を見たことにありますが,この手法が適切なのかが議論の中心でした.
今得られている結果では大気循環の影響が残っていることを示唆するものとなっているため,どのようにしたらいいかいくつか助言を頂きました.
また,ローカルな気温分布に対してEOF解析を行うと物理的なメカニズムを無視して無理に直交モードを抽出するため,「見かけ」のモードが出てきているのではないか,という指摘もありました.
まだ不十分なところが多いのでまだ解析が必要だと感じました.

気象学会のポスター発表時間は参加者が多い割に1時間と短い(その後1時間の昼休みがあるので実質2時間だが)ので,もっと議論したかったと感じました.

f:id:yuta_ando:20200301232439j:plain

 

大会2日目はHoskinsさんの特別講義「The Dynamics of Hadley Cells」と3日目午前はそれに関連した英語の講義がありました.
HoskinsさんはHoskins and Ambrizzi 1993などで知りました.
国内にいながらこのような話を聞ける貴重な機会で非常に面白かったです
内容は大気力学の専門的な話もあったので全て理解できたわけではないですが,部分的には分かった気になりました.

f:id:yuta_ando:20200301232612j:plain

 

大会3日目の夜には気候形成・変動機構研究連絡会第1回 KickOff会合にも参加しました.
植田先生の発表は梅雨前線に関する盛りだくさんの集中講義のような内容で大変勉強になりました.
「気候値の季節進行」という私が研究している内容とも関連しており,年々変動からの偏差以外にも見る必要がある,とおっしゃっていたのは自分と似た考えで心強く感じました.
前田さんの発表は大気力学の話でしたが,面白そうにお話しになるので難しい内容だけれどもっと勉強したり研究したいと思いました.

Webページに講演資料の一部もアップロードされていますので興味のある方はぜひご覧下さい.

気象学会参加は2年ぶりでしたが,今までとは違う催し物もあって新鮮でした.

f:id:yuta_ando:20200301232644j:plain