大気と海のフロンティア

気象学の研究を行っている大学院生が様々な「フロンティア」に進むためのブログ

海洋学会 in 富山

09/26-28に富山国際会議場で開催された海洋学会2019年度秋季大会に参加しました.
海洋学会参加は3年ぶりでした.

f:id:yuta_ando:20190926162405j:plain

 

「中緯度海洋の果たす役割」セッションでポスター発表しました.
話としてはまとまっているが,
・この分野の一般的な研究背景(先行研究で研究されていること,されていないことの区別)
・論文としてまとめるにあたり必要なこと
・今後の発展としてどの方向を目指すのか
という意見が多かったです.
この話も早く論文にまとめなければいけないので,解析はいくらでもできるけれどどこかで区切りを付けてまとめる作業が必要だと改めて感じました.
90分と比較的短い時間で気象学の発表は少なかったこともあり,知り合いの方が次々いらっしゃってあれこれ議論でき,休む間もなく終わりました.

f:id:yuta_ando:20190927160957j:plain

 

「海洋と大気の力学」セッションでは気象学会でお馴染みの方々の発表もありました.
気象学が専門でない方向けに基礎的な背景を丁寧に説明されていて分かりやすかったです.

 

立花先生も口頭発表(私も共著者)されていました.
後で知り合いの方から,「発表は分かりやすくて面白い話だったけれど,あの内容は気象学ではよくある考え方なのだろうか」,という質問を受けました.
その方は細かい解析がないのでそれでも大丈夫なのか気にしているようでしたが,速報論文としてこのように考えてもおかしくはない,というくらいでいいのではないかと思います.

 

海洋学会の懇親会は何度か参加していますが,今回は野外という初めての経験でした.
照明が少なく暗かったので人の顔が見にくかったのは残念でしたが,たまにはこのようなものもあっても良いかと思いました.
懐かしい方々とお会いできたので良かったです.

f:id:yuta_ando:20190927093515j:plain