大気と海のフロンティア

気象学の研究を行っている大学院生が様々な「フロンティア」に進むためのブログ

JpGU2019 in 幕張

05/30に幕張メッセで開催されたJpGU(日本地球惑星科学連合)2019年大会で発表しました.JpGUは毎年開催されていますが,7年前に聴講のみで参加しただけで,今回が初めての発表でした.

f:id:yuta_ando:20190530083453j:plain

 

大気水圏科学複合領域のA-CG37「北極域の科学」セッションでポスター発表しました.
パワポスライドをA3の紙に印刷するいつもの方法を使いました.
この方法だと重ねて貼ることができるので予備スライドも掲示できる利点があります.

f:id:yuta_ando:20190530090254j:plain

 

90分の発表時間が昼過ぎと夕方の2回ありましたが,その間にも聞きに来た方がいらっしゃったので,5時間近くポスターの前で発表しました.
3人ひとまとまりの板で私は端の位置でした.隣は共著者の方,その隣は私が共著者になっている研究室の後輩の発表で,身内のまとまりだったのでこの辺りに来る方は顔なじみの方々が多かったです.
場所が広く発表時間も長いので一人一人の方とじっくり議論できるのが良かったです.
また,気象学会ではあまり見かけない方も聞きに来て下さって,いつもとは違う視点で議論できたのは大きな成果でした.
特に成層圏の物質循環の専門家の方に興味をもっていただいたのが嬉しかったです.
成層圏突然昇温が発生すると物質循環が変わることは晩冬に関しては研究されているが,私が対象としている初冬のものはそもそも現象として注目されていなかったので,物質循環の観点からも研究する価値があるそうです.
この内容の一部は論文として出版されていますが,成層圏の力学の専門家の方以外にも知って頂きたかったので,物質循環も扱っている論文に投稿しました.
その狙いに近い状態になったので,様々な分野の方が参加されるJpGUで発表して良かったです.

f:id:yuta_ando:20190530152453j:plain

 

他の分野の方にも聞いて頂けたのはJpGUならではだったと思います.
逆に言えば他分野の方にも分かるような説明をしなければいけないので,研究背景や力学方程式などの基礎知識はかみ砕いて説明する必要があり,そのためにはしっかりとした事前準備が必要でした.
話の流れはシンプルなので説明はしやすかったですが,なぜ面白い現象に着目したのはいいけれど,この研究が学術的になぜ重要なのか,という説明が弱いと感じました.
この指摘は前から言われていたので簡潔に説明したつもりですが,まだ足りないようなのでもう一度よく考える必要があると反省しました.

 

このセッションでは立花先生も発表されていました.この内容の一部は論文として出版されています.論文はこちらプレス発表資料)(補足資料)(三重大Rナビ

f:id:yuta_ando:20190530091557j:plain

 

夜は身近な方々と親睦を深めました.

f:id:yuta_ando:20190530190213j:plain