大気と海のフロンティア

気象学の研究を行っている大学院生が様々な「フロンティア」に進むためのブログ

勢水丸1706航海(陸海空・環境科学実習)

6/6~11の勢水丸1706Leg1航海にTAとして参加しました.

f:id:yuta_ando:20170607172851j:plain

今回新たに挑戦した観測はスマートフォンに取り付ける赤外線カメラを係留風船に取り付け,黒潮の水温前線を上空から撮影する,というものでした.

f:id:yuta_ando:20170607055952j:plain

Leg1では強風のため黒潮上では観測できませんでしたが,弱風の沿岸部で試験観測を行ったときは1回目は撮影できました.

f:id:yuta_ando:20170607062321j:plain

f:id:yuta_ando:20170813115939g:plain

ただ,2回目に行ったところ風船を揚げる途中で風船が破裂してしまいました.

スマートフォンの取り付け方や風船の揚げるタイミングなど,改善点が分かったのは良かったと思います.

f:id:yuta_ando:20170609104724j:plain

通常のラジオゾンデCTD観測も行いました.

f:id:yuta_ando:20170609161256j:plain

f:id:yuta_ando:20170610103856j:plain

荒天で観測できない日は那智勝浦港に退避しました.

その間,京都大学防災研究所潮岬風力実験所に見学に行きました.

海が一望できる高台にあり,気象観測に適した場所で寝泊まりできる施設もあるので様々な観測計画が立てられそうで,いつかここで観測してみたいと感じました.

f:id:yuta_ando:20170608140245j:plain

f:id:yuta_ando:20170608131435j:plain

今回の航海は観測できる日数が少なかったですが,観測中は比較的安定した天候・海況で集中して作業に取り組むことが出来ました.

三重大の実習生の他に九州大,東京学芸大,京都産業大,名城大の学部生・大学院生も乗船しており,互いに交流を深める良い機会となりました.

f:id:yuta_ando:20170611120031j:plain