大気と海のフロンティア

気象学の研究を行っている大学院生が様々な「フロンティア」に進むためのブログ

気象学会中部支部研究集会 in 名古屋

11/27-28に名古屋地方気象台日本気象学会中部支部研究集会が開催されました.

f:id:yuta_ando:20141127152457j:plain

 

24年間名古屋に住んでいますが名古屋地方気象台を訪れたのは初めてでした.近いからいつでも行けると思うと逆になかなか行く機会がなかったので良い機会でした.名古屋の天気はここが基準となっているのでその場所をじっくり見学できたのは気象学を携わる者として有意義なものでした.

f:id:yuta_ando:20141127133014j:plain

 

我が研究室からはB4やM2が発表を行いました.通常の気象学会とは異なり発表時間が長いので,研究背景からしっかり伝えることができ質問も多くもらって今後の研究の励みになっているようでした.
他大学の学部生の発表もなかなかレベルが高いもので興味深く聞かせてもらいました.
学部生の発表は研究動機や解析方法がシンプルなので聞きやすいですが,その中に思わぬ「宝」が含まれていることも多いので面白いです.
また発表方法も基本的な発表の流れに沿っているので分かりやすいことが多いです.
シンプルで基本に忠実な学部生の発表に大いに刺激を受けた2日間でした.

f:id:yuta_ando:20141127165616j:plain