大気と海のフロンティア

気象学の研究を行っている大学院生が様々な「フロンティア」に進むためのブログ

日本気象学会2014年度春季大会

2014年5月に横浜市で開催された日本気象学会2014年度春季大会に参加しました.

会場の横浜市開港記念会館は国の重要文化財で,このような場所での発表は初めてでした.
気象学会は無機質な会議室の会場が多いので,たまには重厚な作りの会場も良いかと思います.

f:id:yuta_ando:20140522113649j:plain

 

発表は1日目の午後,専門分科会「モンスーン・熱帯気象 研究の新たなブレイクスルーを目指して」でした.

f:id:yuta_ando:20140521131434j:plain

 

結論が漠然としていたためか,聴衆の反応はイマイチだったので,解析結果をもっと整理して分かりやすいストーリーを作ろうと思いました.


他の方の発表もたくさん聞きたかったのですが,論文の改訂版提出期限が迫っていたため,ホテルに籠もってこの作業ばかりしていました.
論文のために学会中も締切に追われて慌ただしかったですが,その分論文が受理されたときの喜びは大きいだろうと想像しながら書き上げました.