大気と海のフロンティア

気象学の研究を行っている大学院生が様々な「フロンティア」に進むためのブログ

AGU Fall meeting 2012

2012/12/3〜5にAGU Fall meeting 2012という海外の学会に初めて参加しました.

ポスターセッションでは,文法を無視した英語でも理解してもらえて様々な話題を聞くことができました.ただ,途切れ途切れに聞き取れた単語から推測して理解することの方が多かったので,もっと英語の勉強をしようと思います.

研究内容では,植物上や湖面上の固定されたプラットフォーム上で渦相関観測システムを用いて乱流フラックスを計測する研究が多かったように思います.特に,生物系ではCO2やCH4フラックスが話題になっていました.

一方,海面上の動くプラットフォーム上で渦相関観測システムを用いた研究は国内ほどではないけれど海外でも少なかったです.常設の観測システムの研究は,1例のみでした.だから,ある程度内容がまとまれば,研究成果として論文にしやすいので,早くまとめようと思いました.


以下,簡単に行程を紹介します.
週末発着は航空券が高いので,平日発着にしたため学会期間より長い行程になっています.日付は現地時刻です.

・11/30
中部国際空港から成田経由でサンフランシスコに向かいました.ANAユナイテッド航空を利用しました.

・12/1
アルカトラズ島,フィッシャーマンズワーフなどへ行きました.
コイトタワーからはサンフランシスコ市街が一望できる素晴らしい眺めが楽しめます.

・12/2
ゴールデン・ゲート・ブリッジに行きました.夕日に照らされるとより赤色が深みを増して魅力的です.

・12/3〜7
AGU Fall meeting 2012に参加しました.

研究発表はオーラルセッションとポスターセッションがあります.
オーラルは同時に30以上のセッションが開かれます.ポスターは,1日ごとに2000件ほどあります.全部見るのは不可能なので,自分の興味のあるものを事前に調べておきました.オーラルのセッション間の移動は簡単ですが,ポスターセッションとの移動は,建物が異なるので横断歩道を渡っての大がかりな移動が必要でした.
昼食は会場のすぐ近くにフードコートがあるので,すぐ食べられて便利です.

企業ブースもあり,書籍の割引販売やカレンダーやポスターの配布など,休憩がてら見て回りました.


・12/8
カリフォルニア大学バークレー校を散策しました.セイザータワーからは遠くサンフランシスコ市街を眺めることができます.

・12/9
スタンフォード大学を散策しました.レンガ調の美しい建物が並ぶキャンパスが特徴で,散策するだけでも楽しめます.

・12/10-11
サンフランシスコから成田経由で中部国際空港に戻りました.
サンフランシスコー成田が2時間近く遅れて,成田ー中部が予定していた便に乗れませんでした.
ただ,航空会社が別便に変えてくれたので当日中に帰宅することができました.


・滞在したホテル
The Andrews Hotel(アンドリュース・ホテル)

ユニオンスクエアから少し離れた場所ですが,人通りが少ない場所ではないです.小さなホテルですが,アットホームな雰囲気で落ち着ける環境です.ただ,遮音性はそれほど高くないようで,6階でも道路での話し声が聞こえてきます.ホテルの構造上の問題より,繁華街に近いのでうるさいだけかもしれません.はじめ気になりましたが,数日で慣れました.

朝食は,各階の廊下にパンやジュースなどが置かれているので,自分の部屋に持って行きます.クロワッサンやマフィンなど油っこいものばかりなので苦しかったですが・・・.

一泊朝食付きで\8,000前後なのでコストパフォーマンスは高いと思います.