大気と海のフロンティア

気象学の研究を行っている大学院生が様々な「フロンティア」に進むためのブログ

12〜3月分学生雇用給与の使用用途

 久しぶりの更新になります.
2011年12月〜2012年3月分の学生雇用の給料と2012年8月までの使用用途を報告します.




































 
収入 学生雇用給与(12〜2月分,3月分なし)
\150,000
前月までの残高
\164,936
支出 東京・横浜博物館&科学館巡り
\19,600
JpGU meeting 2012 出張費
\16,080
電子辞書 SII SL904XR(SR-G9003NH3の大学生協モデル)
\28,900
ノートPC MacBook Air 11インチ 128GB(MC969J/A)
\105,400
研究関連書籍
\6,633
残高  
\131,873

 東京・横浜博物館&科学館巡りは,2011年12月に海洋関連の博物館などに行きました.
 JpGU meeting 2012は,2012年5月に気象学,海洋学だけでなく地質学や宇宙科学など幅広い分野の研究者が集まった学会に参加しました.
 研究関連書籍は以下の通りです.

理系のためのクラウド知的生産術―メール処理から論文執筆まで (ブルーバックス)

理系のためのクラウド知的生産術―メール処理から論文執筆まで (ブルーバックス)


 研究に関係する多くの情報をどのように管理するか,具体的に書かれておりとても参考になりました.
これから論文を書く若者のために 大改訂増補版

これから論文を書く若者のために 大改訂増補版


理系のためのレポート・論文完全ナビ (KS科学一般書)

理系のためのレポート・論文完全ナビ (KS科学一般書)


 論文の具体的な書き方や「論文とは何か」だけでなく,研究計画や研究の進め方も書かれており,今後の研究に大いに役立ちました.
B04 地球の歩き方 サンフランシスコ 2011?2012

B04 地球の歩き方 サンフランシスコ 2011?2012


 12月にサンフランシスコで行われるAGU Fall meetingに参加する際,1人でも行動できるようガイドブックを買いました.

 残りのお金は,このAGU Fall meetingの出張費に使うことを検討しています.AGU Fall meetingは,JpGU meetingと同様,地球惑星科学の幅広い研究発表が行われる学会です.規模がとても大きく昨年は94カ国から約22,000名が参加したそうです.自分の研究分野の「大気境界層」のセッションも多くありそうなので情報収集中です.