大気と海のフロンティア

気象学の研究を行っている大学院生が様々な「フロンティア」に進むためのブログ

科研費での学生雇用

 研究者は,研究に必要なお金を科学研究費という形で国からもらっています.これは,書類などの審査があり,見事採択されるとお金がもらえます.
私の指導教員である立花先生は,「新学術領域研究 気候系のhot spot」に採択されました.この中に若手研究者を育てるための雇用費が含まれています.これを使って学生を雇用することになりました.詳細はこちら
私はこれに応募し,採択していただきました.
7月からの雇用で,月5万円ですが,旅費とは別ですので自由に使える5万円です.

採択されたからには研究に対して特別な責任があります.私は以下の3つを具体的な責任だと考えています.


1.面白い研究をする
 当たり前のことですが,興味深い研究になりそうだとのことで採択していただいたので,その研究が充実したものとなる必要があります.そのためには,関連分野の勉強をするとともに論文を読んで過去の研究を知り,自分の研究の進め方を常に考えることが大切です.しかし,最も重要なことは研究成果を他人に面白いと思ってもらえるよう伝えることです.これは,自分が特に不得意な点ですが,自分の意見を相手に伝えることは,今後どの進路を選んでも必要となる力なので克服していきたいと考えています.


2.情報を発信する
 前にも書きましたが,情報を発信することで社会に研究成果を知ってもらうと共に自分の考えの整理や他の研究者との交流につながります.研究の進捗状況の他,研究生活一般やその他興味のあることを書いていきます.更新期間が長いと結果のみを書くことが多くなってしまい,そこに至る過程が見えづらくなってしまいます.そこで,以下のようになるべく更新頻度を高くして継続的に情報を発信します.

twitter 更新頻度:ほぼ毎日
  日々の出来事を軽くつぶやいています.
facebook 更新頻度:ほぼ毎日
  twitterと同期しています.面白いと思ったWebページの紹介や観測や研究会で撮った写真を公開しています.
・ブログ「大気と海のフロンティア」 更新頻度:週1回(を目指します)
  4つの情報発信ツールの中で中心的な存在です.日々の出来事で感じたことを書いていきます.twitterと異なる点は,文字数の制限がないので,なぜそう考えたか過程を大切にしたいと考えています.
Webページ「大気と海のフロンティア」 更新頻度:2週間に1回(を目指します)
  研究内容やどのようなことを勉強しているかの紹介,解析結果や発表資料などをアップします.


3.奨学金の使い道を明らかにする
 審査の上で採択された奨学金ですので,研究上で有益なことに使いたいと考えています.現在のところ本やセミナー代に使おうと思っていますが,それ以外で何かないか模索中です.毎月の使用用途をブログに書いていきます.



来年3月までの雇用ですが,雇用されたことによって自分はこう変わったなどの成果が出せるよう努力していきます.