大気と海のフロンティア

気象学の研究を行っている大学院生が様々な「フロンティア」に進むためのブログ

大槌シンポジウム2017

8/1~2に大槌シンポジウムに参加しました. 発表時間は22分と長めだったので基礎的な内容から話すことができました.ただ,様々な数値モデルの結果を出したためか,議論が思ったより深まらなかった印象でした.時間は十分あったのだから1つ1つの図の説明をも…

勢水丸1706航海(陸海空・環境科学実習)

6/6~11の勢水丸1706Leg1航海にTAとして参加しました. 今回新たに挑戦した観測はスマートフォンに取り付ける赤外線カメラを係留風船に取り付け,黒潮の水温前線を上空から撮影する,というものでした. Leg1では強風のため黒潮上では観測できませんでしたが…

猪上淳さん気象学会賞祝賀会

気象学会春季大会期間中に開催された猪上淳さん気象学会賞受賞記念祝賀会に参加しました. 猪上さんは学部生の頃から学会等でお会いしたときに研究議論をして頂きました. また,JAMSTEC研究船「みらい」の超音波風速計データをいただいて解析したこともあり…

極地研共同研究集会2017 in 新潟大

1/5~6に新潟大で開催された極地研共同研究集会「近年の両極変化に伴う大気海洋循環変動と極端気象発現過程」に参加しました. 執筆中の論文の共著者の方も参加する研究集会だったので,論文の構成に近い形で発表を行いました.発表時間は十分にあったので議…

AGU Fall meeting 2016

サンフランシスコで開催されたAGU Fall meeting 2016に参加しました. 今回は海洋分野の大気海洋相互作用セッションでポスター発表しました.日本人の方がコンビーナーだったので知り合いの日本人も多く発表されており,聞きに来る人がいないときはその方々…

大気海洋相互作用に関する研究集会2016 in 京大

大気海洋相互作用に関する研究集会に参加しました. 過去に何度も参加していますが,海洋学の研究者が多く参加されるので,いつもとは違った視点で意見を頂ける良い機会です.また,参加者の皆さんは同じホテルに泊まって夜遅くまで懇親会が続きますが,アッ…

Arctic Net ASM2016 in ウィニペグ

昨年に引き続き北極に関連したカナダの学会ArcticNetのAnnual Scientific Meeting 2016(紹介動画はこちら)に参加しました.今回の開催地はマニトバ州のウィニペグという町でした. 久々の口頭発表で緊張しましたが,日本人の方も参加されていて後で議論が…

気象学会@名大

10/26~28に名古屋大学で開催された日本気象学会2016年度秋季大会に参加しました. スペシャルセッション「気候形成の統合的理解―気候科学における基礎研究の推進と地学・地理教育との連携―」がありました.前月の海洋学会秋季大会同様,立花先生が卒業生の…

海洋学会秋季大会 in 鹿児島

9/12~15に鹿児島大学郡元キャンパスで開催された海洋学会2016年度秋季大会に参加しました. 中緯度大気海洋相互作用セッションがありました.九大の川村隆一先生の招待講演から始まりました.内容は日本付近の暖流が爆弾低気圧の発達に与える影響で,同学年…

新青丸KS16-13航海

9/4?8にJAMSTEC研究船「新青丸」でのバイオロギング観測航海(KS16-13)に参加しました. バイオロギングとは,野生生物に小型センサを取り付けてその行動を計測するものです.今回の航海では海鳥(オオミズナギドリ)に小型センサを取り付け,飛行記録から…

三重大練習船「勢水丸」の気象測器見学会

10/10に日本気象予報士会東海支部が主催する三重大練習船「勢水丸」の気象測器見学会で気象測器の説明を行いました. まず内田誠船長と気象予報士会東海支部長から挨拶がありました. それから中村二等航海士が勢水丸の設備の説明を行いました.勢水丸は進水…

気象学会中部支部研究集会 in 名古屋

11/27-28に名古屋地方気象台で日本気象学会中部支部研究集会が開催されました. 24年間名古屋に住んでいますが名古屋地方気象台を訪れたのは初めてでした.近いからいつでも行けると思うと逆になかなか行く機会がなかったので良い機会でした.名古屋の天気は…

急発達する低気圧の実態・予測・災害軽減に関する研究集会

11/17~19に京都大学防災研究所で開催された「急発達する低気圧の実態・予測・災害軽減に関する研究集会」に参加しました. 自分の研究に近い,大気循環が日本の気候に及ぼす影響の研究を多く行っている気象庁の方々も発表されていたので,研究手法や図の解釈…

気象学会秋季大会 in 福岡

10/21〜23に福岡国際会議場で開催された気象学会秋季大会に参加しました. 今回は「気候システム」というセッションにて発表を行いました. 発表時間が6分と短かったこともありますが,言いたいことを裏付ける証拠が不十分かつ話の流れが分かりにくかったた…

海洋学会秋季大会 in 長崎

9/14~16に長崎大文教キャンパスで開催された日本海洋学会2014年度秋季大会に参加しました. 最近,熱帯域の大気海洋変動に着目しているのでその関連の発表が気になりました. ・東塚知己さん(東大)「海面水温ナッジング法によるインド洋熱帯域の海洋上層…

大槌シンポジウム~気象パート~

8/27~28に岩手県大槌町で開催された「大槌シンポジウム(東大大気海洋研国際沿岸海洋研究センター研究集会)」気象パートに参加しました. 8/26(0日目)遠いので花巻市の鉛温泉で前泊しました.源泉掛け流しの湯と質素だけれど美味しい料理,昭和時代にタ…

大学附属農場と演習林見学

8/7~8に博士課程必修の「特別調査研究」という実習で大学附属農場と演習林に行きました.2つの施設とも学部生の時に1度行ったきりなので,久しぶりの訪問を楽しみにしていました. 1日目(8/7)まず農場へ行きました. 45haの水田でコシヒカリとヒノヒカリ…

AOGS 11th Annual meeting

7/28~8/1にロイトン札幌で開催されたAOGS 11th Annual meetingに参加しました. 研究発表の申し込みではポスター発表を希望したのに,人数が少ないせいか口頭発表になりました. 初めての英語での口頭発表は2日目夕方にありました. セッションはAtmospheri…

日本気象学会2014年度春季大会

2014年5月に横浜市で開催された日本気象学会2014年度春季大会に参加しました. 会場の横浜市開港記念会館は国の重要文化財で,このような場所での発表は初めてでした.気象学会は無機質な会議室の会場が多いので,たまには重厚な作りの会場も良いかと思いま…

EGU General Assembly 2014

EGU General Assembly 2014 に参加しました. 開催地はオーストリアのウィーンという,音楽や美術に興味のある自分にとって魅力的な町でした. <発表>JpGUと日程が重なっていたためアジア系の参加者が少ない.しかも発表が最終日の夕方だったので帰る方も…

GRENE北極研究 全体会議

3/6〜7に東大本郷キャンパスで開催された「GRENE北極研究大気課題第3回全体会議」に参加しました. これはGRENE北極気候変動研究事業という国のトップダウン式研究プロジェクトの会議でした. 私は北極振動と関連した研究を行っているので発表をしてきました…

AGU Fall meeting 2013

12/9〜13にサンフランシスコで開催されたAGU Fall meeting 2013に参加しました. 初めての海外学会でのポスター発表は,思ったより聞きに来てくれる方が多く,特にイラストがかわいいと評判(?)でした. 日本の学会でこのイラストで発表するのは恥ずかしい…

オゾンゾンデ観測の見学 in 札幌管区気象台

北海道大学で行われた海洋学会秋季大会の合間の9/18に,札幌管区気象台に行きオゾンゾンデ観測の見学をしました. ラジオゾンデ観測を行っている気象台は全国に16ヶ所ありますが,オゾンゾンデ観測を行っているのは札幌,つくば,那覇の3ヶ所だけ,しかも週…

気象講演会 in 三重大

6/8〜9に元気象庁長官 二宮洸三さん,気象キャスター 高田斉さん,三重大教授 立花義裕先生による気象講演会が三重大で行われました. 6/8(土) 工学部の「さきもり塾」という自治体・教育関係者向けの防災講座での講演でした. ・二宮さん 災害とは「地震…

2013年度 環境科学実習① 〜後編〜

6/3~7の学部3年生対象の練習船「勢水丸」の乗船実習(1306航海)の後編です. ・6/5 明け方まで黒潮横断観測を行った後,勝浦港に入港しました. この日は1日自由行動だったので,まず勝浦駅からバスで那智駅の世界遺産情報センターに行って,熊野の歴史な…

2013年度 環境科学実習① 〜前編〜

6/3~7に学部3年生対象の練習船「勢水丸」の乗船実習(1306航海)にTAとして参加しました. 航路は伊勢湾から熊野灘,途中で勝浦港に寄港して伊勢湾に戻ってくるコースでした. 内容が多いので2回に分けて,実習の様子を紹介します. ・6/3 三重大からバスで…

2013年度 気象学会春季大会

5/15〜18に国立オリンピック記念青少年総合センターで開催された2012年度日本気象学会春季大会に参加しました. 最近,大気大循環場と秋の気候との関係に関連した研究を行っているので,以下の発表に興味を持ちました.私の研究では下部対流圏と接する海面水…

英語論文を書くときの英単語の調べ方

最近,研究成果を英語論文にまとめているのですが,英単語をいかに効率よく調べるかという問題に直面しました. Windows or Mac の Wordで英語論文を書く環境で以下の条件を満たすものを探したところ, ATOK Passport + ATOK連携電子辞書 の組み合わせが最適…

2013年度 日本海洋学会賞・岡田賞 記念講演

3/23に2013年度 日本海洋学会学会賞・岡田賞の記念講演がありました. 今年度の学会賞記念講演は大気海洋相互作用の研究で有名な方2名も受賞されました. ※研究内容についてはメモですので,間違いがある可能性があります.正確な情報は論文などご確認下さい…

2013年度 海洋学会春季大会

3/22〜24日に東京海洋大学品川キャンパスで開催された2013年度日本海洋学会春季大会に参加しました. 特に興味を持った研究発表を紹介します(※メモなので間違いがある可能性があります.正確な情報は論文などご確認下さい). 【黒潮・黒潮続流】セッション…

論文は研究のチャート

最近,読みたい論文があったので思い切って以下の論文の年間オンライン購読権を購入しました. Journal of Geophysical Research Atmospheres(JGR-Atmospheres) Journal of Geophysical Research Oceans(JGR-Oceans) Geophysical Research Letters(GRL…

「気候系のhot spot」2012年度全体会議

3/13〜15に東京大学先端科学技術センターで開催された新学術領域「気候系のhot spot」第3回全体会議に参加しました. 会議ではこのプロジェクトの研究成果の報告,今後の方針の議論などが行われました. 今年度で3年目で,あと2年でこのプロジェクトは終了で…

AGU Fall meeting 2012

2012/12/3〜5にAGU Fall meeting 2012という海外の学会に初めて参加しました. ポスターセッションでは,文法を無視した英語でも理解してもらえて様々な話題を聞くことができました.ただ,途切れ途切れに聞き取れた単語から推測して理解することの方が多か…

12〜3月分学生雇用給与の使用用途

久しぶりの更新になります. 2011年12月〜2012年3月分の学生雇用の給料と2012年8月までの使用用途を報告します. 収入 学生雇用給与(12〜2月分,3月分なし) \150,000 前月までの残高 \164,936 支出 東京・横浜博物館&科学館巡り \19,600 JpGU meeting 2012 …

科研費での学生雇用を終えて

私は,2011年7月〜2012年3月の間,研究プロジェクト「新学術領域研究 気候系のhot spot」のメンバーの1人として月5万円で雇用されていました.詳しくはこちら. この制度に参加して,良かったこと,改善点を書きます. 良かった点〜採択前〜 1.研究開始前か…

卒業論文

3月1日に卒業論文が完成しました. 書き始めたのは,2月8日で最初の締切りまで5日しかありませんでした.締切りが発表前日でしたが,卒論より発表準備に時間をかけたかったので,ギリギリまで卒論を書きませんでした.この時は,とりあえず発表要旨をもとに…

11月分学生雇用給与の使用用途

11月分の学生雇用の給料の使用用途を報告します. 収入 学生雇用給与 \50,000 前月までの残高 \133,787 支出 研究者の方との食事代 \1,700 新学術学生会合関連費 \9,462 研究関連書籍 \7,689 残高 \164,936 11月は,新学術領域研究やその関連の研究プロジェク…

気象学会で得たもの

11月16〜18日に名古屋大学で日本気象学会2011年度秋季大会が開催されました.気象学会参加はこれで3回目になりますが,今回は特に得たものの大きな学会でした. ・研究の楽しみ どのセッションも良かったのですが,3日目の大気海洋相互作用セッションは,自…

10月分学生雇用給与の使用用途

10月分の学生雇用の給料の使用用途を報告します. 収入 学生雇用給与 \50,000 前月までの残高 \87,287 支出 研究者の方との食事代 \2,000 先進科学塾参加費 \1,500 残高 \133,787 10月は,JAMSTECや他大学の研究者の方が三重大に来られました.研究や観測の打…

先進科学塾「見えないものを見る」

10月23日に名古屋市科学館で開催された先進科学塾「見えないものを見る」に参加しました. 今回は,最近話題になっている放射線を霧箱という装置を製作して見ることをしました. 霧箱は,エタノール蒸気の過飽和状態を利用して,放射線が空気と電離して作っ…

卒論中間発表で気づいたこと

9月22日に卒論中間発表が行われました.初めての本格的な研究発表で,自分なりにどうしたら良い研究発表になるか考えたことを書きます. 研究テーマ 私の研究テーマは「海が大気に影響を与える素過程のメカニズムを解明すること」です.具体的には,乱流フラ…

9月分学生雇用給与の使用用途

9月分の学生雇用の給料の使用用途を報告します. 収入 学生雇用給与 \50,000 前月までの残高 \71,130 支出 気象夏の学校参加費 \17,000 研究関連書籍 \16,843 残高 \87,287 9月は気象夏の学校という大学院生が中心となって運営している合宿形式の研究会に参加…

気象講座「気象観測技術の最前線」

8月6〜7日に筑波大学計算科学研究センターで行われた第45回気象夏季大学「新しい気象学」に参加しました. 今回は「気象観測技術の最前線」というテーマで講義などが行われました.講義要旨はこちら. 1日目(8.6) ・近藤純正さん(東北大名誉教授)「地上気象…

APUとのジョイントワークショップ

7月15〜18日に別府市の立命館アジア太平洋大学(APU)で開催されたジョイント国際ワークショップに参加しました. 0日目(7.15) お昼に津を出発して,名古屋から新幹線で小倉まで行きました.その後,在来線を使い別府に到着しました.ここまで6時間ほどかかり…

8月分学生雇用給与の使用用途

また遅れていますが,8月分の学生雇用の給料の使用用途を報告します. 収入 学生雇用給与 \50,000 前月までの残高 \44,300 支出 気象夏季大学参加費 \3,000 交通費(名古屋−筑波大:夜行バス,電車) \10,250 宿泊費(ダイワロイネットホテルつくば) \4,500 気象…

先進科学塾「電気の世界での共振現象」

7月11日に名古屋市科学館で開催された科学実験講座「先進科学塾」に参加しました. 今回のテーマは,「電気の世界での共振現象」でした. 電気的な共振は,日常生活のあらゆるところにあります.例えば,テレビやラジオ,携帯電話といった電波を使用するもの…

7月分学生雇用給与の使用用途

もうすぐ9月ですが,遅れていた7月分の学生雇用の給料の使用用途を報告します. 収入 学生雇用給与 \50,000 支出 先進科学塾参加費 \1,500 学内TOEICテスト \4,200 残高 \44,300 先進科学塾は名古屋市科学館で開催されている科学実験講座です.今回のテーマ…

科研費での学生雇用

研究者は,研究に必要なお金を科学研究費という形で国からもらっています.これは,書類などの審査があり,見事採択されるとお金がもらえます. 私の指導教員である立花先生は,「新学術領域研究 気候系のhot spot」に採択されました.この中に若手研究者を…

ゼミ発表の反省点

6月中旬に講座合同ゼミで研究発表を行いました.自分の研究と関連のある論文の紹介と自分の研究内容(計画)を発表しました.当日使用した発表資料はこちらです. 発表時間が8分間と短いため,論文紹介は途中の考察を省略してまとめに時間を割きました.そして…

粘性力の直感的理解の方法

私の研究の指導教員である立花先生が担当されている学部2年生向け流体力学の授業で使用する資料を作成しました.粘性項についての説明で,p.4〜6の「粘性項に2階微分が含まれる意味」を担当しました.直感的に理解できることを目標としていますので,物理学…